古物商許可を取得するまでの手順

このサイトの中ではお客さんから品物を購入してお店で販売を行う時に必要となる免許についての情報について分かりやすくご紹介しております。
例えば、お客さんから品物を購入して販売行うためには免許が必要であり、その免許は古物商取引許可と呼ぶものである事、申請を行う時に必要な手数料には何があるのか、申請手続きに不安を持つ人は代行サービスを利用すれば簡単に手続きが出来る事、個人で出来る転売・物販ビジネスのせどりも免許が必要である事、さらに、レンタル事業を行う中で許可が必要であるのか否かや古物商許可を取得する事なく古物をオークション出品した場合どうなるのかなどをご紹介しています。

古物商許可の申請に必要な手数料とは?

古物商の免許はリサイクルショップを経営する時には必要ですが、ネットオークションを利用して自分が所有していたものを出品する時には免許がなくてもオークションを利用する事が出来ます。
他の人からお金を支払い購入したものを、転売する時には必要になるのが特徴です。
尚、古物商の許可を得る時には最寄りの警察署で申請手続きを行えば良いのです。
但し、最寄りの警察署と言っても、お店を開く場所の住所を管轄している警察署で、申請時間は午前8時半より午後5時15分の中で行う必要があります。
ちなみに、手数料が必要になるので事前に準備をしておく必要があります。
手数料は申請費用として19,000円が必要になりますが、代行業者に依頼した場合は業者に支払う手数料も用意しておく必要があります。

古物商許可の取得ができなくても手数料は発生する?

古物商許可の申請をする際に発生する手数料は19000円ですが、これはあくまで「申請をするため」の手数料です。
許可をもらうためのものではありませんので、申請後許可が下りなかった場合でも返金はされません。
とはいえ、古物商の許可が下りない条件はかなり限られます。
例えば禁錮以上の刑を受けている人や罰金刑を受けている人、住居が定まっていない人や、明らかに自活できそうにない未成年者といった場合です。ただし刑罰を受けても執行が終わって5年以上経過していれば不許可事由にはあたりません。
また、以前に古物商をやっていたものの許可が取り消されたという場合も5年以上経過しないと申請しても許可は下りませんし手数料も戻ってきません。
ですので、過去に犯罪等を犯しておらず、初めて古物商許可の申請をする人にはあまり取得できなかった場合のことは考えなくても大丈夫でしょう。
どうしても申請時に不安がある人は窓口で色々と書類不備等がないか質問するのがいいでしょう。聞かれたことにはきちんと答えてくれますし、不備がある場合は教えてくれます。
よほどのことが無い限り誰でも取得できる資格のために、わざわざ行政書士などの代行業者に頼む必要はありません。

古物商許可に関する情報リンク

古物商許可申請書類作成サービスを行う総合事務所のサイト